神待ちの女の子は大きく分けて3つのタイプに分けられます。

神待ちの女の子は大きく分けて3つのタイプに分けられます。

 

一つ目は、本当に困っていて、心から神が現れることを祈っている神待ちの子のタイプです。

二つ目は、神待ちを装っている冷やかしのような、茶化しテンションの女の子のタイプです。

三つ目は、神待ちを装って、男性にポイントを消費させようというサイトのサクラの女の子です。

 

一つ目のタイプである真性の神待ちの子は、どこか緊迫したかのような空気が漂う文面になっています。

やりとりをしているうちに、だいたいのことは分かってきます。

冷静に彼女たちが、どの項目に分類されるのかを見極めましょう。

真性の神待ちは、切羽詰まっているので、まったく余裕がありません。

ですから、文面上にすでに余裕のなさが現れています。

失礼なことを書いていたり、今すぐどうにかして!助けて!というような


※上の画像は実際の家出掲示板のサイト画像です
今すぐ解決を願うような文章の傾向が見られます。

 

メールや掲示板上のメッセージの時点で、すでに余裕がありません。

チグハグな不可解なメッセージになっている場合もあります。

余裕がなく緊迫している状況ですから、実際にやりとりを始めると、無礼で鼻につくような

言葉が節々に感じられることもあります。

 

このケースでは、高確率で本物の神待ちの可能性が高くなります。

ただし、未成年との深い関係というのはいろいろと問題がありますから

状況に留意しましょう。

最終的には、助けておいて、不利になるのは誰でもない成人している側の自分なのです。

とにかく損をしないよう、慎重にことを運びましょう。

 

犯罪は絶対に禁止です。

女の子に対して無理強いも禁止です。

もしかすると、美人局のような女性の可能性もあります。

これらに該当した場合は、自分が損をするだけです。

 

せめて体裁上だけでも、自分が損をしないためにも、お互いに付き合っているような体裁を作り上げて

しまいましょう。

 

普段から、好きだとか大事にするよといったようなその女性を好きだというような文面であったり、

大切にしたいというような体裁の文面のメールを送っていれば後々、交際のような証拠にもなります。

付き合っているという体裁を作り上げないと、未成年者との深い関係は後で自分が不利益を被ります。

 

嘘でも、自分流に大事にしているかのようなメールなり、証拠となるようなものを送っておきましょう。

 

さて、二つ目の茶化しテンションの女の子ですが、この場合は、

口説き方次第で、どうにでもできるわけです。

本物の神待ちではなくとも、神待ちの救世主に自分がなってしまえばいいのです。

そもそも、茶化しテンションの女の子の場合は、暇つぶしだったり、寂しいから

こういったことをするわけです。

学校生活がうまくいっていない、家庭環境が悪い、親子関係に不満を感じている。

といったような背景が考えられます。

 

3つ目の、サクラのケースについてですが、この場合は、調子が良いので

すぐに分かります。

ときには演技もしますが、たいてい最初から終盤まで調子が良いのが特徴です。

 

よくあるサクラの特徴が、ありえないスタイルの良さに、ありえない可愛さの画像です。

タイプは幅広いです。

ギャル風から、清楚キャラまで、幅広いサクラ画像があります。

 

文面も、男を期待させる都合の良い、調子の良いことが書かれています。

 

以上3つの項目のうち、どの項目に分類されるのかを見極めたうえで、

神待ちサイトを有意義に使いましょう。